令和版「ビリーズブートキャンプ」を無料体験

【2020年最新】筋トレをする時に最適なイヤホンとヘッドホンを選ぶ上でのポイント

【2020年最新】筋トレをする時に最適なイヤホンとヘッドホンを選ぶ上でのポイント
迷える子羊くん
迷える子羊くん
  • 筋トレの時につけるイヤホンを選ぶ上で気をつけるポイントは?
  • ヘッドホンは筋トレに不向き?
  • 筋トレにオススメのイヤホンとヘッドホンを教えて!
プイマ
プイマ

本記事ではトレーニングをするときに最適なイヤホンは何か探している方に向けたおすすめのワイヤレスイヤホンとベッドホンを紹介します!

本記事のゴール
  • 筋トレ用のイヤホンを選ぶ上でのポイントを知ることができる
  • ヘッドホンのメリット、デメリットを理解し、筋トレ時に使用するヘッドホンの選び方を知ることができる。
  • おすすめのイヤホン・ヘッドホンを知ることができる

筋トレの時に使用するイヤホンを選ぶ上でのポイント

筋トレの時に使用するイヤホンを選ぶ上でのポイント

筋トレの時に使用するイヤホンを選ぶ上でのポイントは大きく3つあります。

筋トレ用イヤホンを選ぶポイント3つ
  • ワイヤレス
  • 使用感
  • 防水・防滴

それぞれ詳しく解説していきます。

ワイヤレス

やはり有線ではなくワイヤレスの一択です

スマホで音楽を聴く場合、有線だとポケットにスマホを入れていなければなりません。

例えばラットプルダウンの時など、太ももにレッグパッドを当てる時にスマホが邪魔になってしまいます。

ベンチプレスで寝転がってもポケットからスマホが落ちてしまったりデッドリフトやハンマーカールをしていると特にコードが邪魔で腕に引っかかってしまったりと圧倒的に使いにくいです。

使用感

耳にフィットして、ストレス無く長時間つけていられるものを選びましょう。

筋トレ後に走ったり、フィジカルトレーニングをする方はイヤホンがしっかり耳にフィットして装着されていないと外れてしまう恐れがありますし、動作や集中力が途切れてしまいます

耳に合うカナル型でもいいですが、イヤーフック型、チップ型のモデルを選ぶことをおすすめします。

イヤーフック型であるPower beats pro

防水、防滴機能

筋トレでは汗をとにかくかきます。

完全防水ではなくとも防滴(汗)機能が付いているイヤホンを選びましょう。

最低でもIPX2*であれば問題なくスポーツジムでの筋トレに使用できます。

(参考)IPXとは

防水性能における共通規格です。IPXに続く数字が大きいほど、防水性能が高いことを示しています。

  • IPW2:汗をかいていても問題なく使える
  • IPX4:雨の中でも問題なく使える
  • IPX7:水没してしまってもその後問題なく使える
  • IPX8:水面下でも使用できる

筋トレ時に使用するおすすめイヤホン

筋トレ時に使用するおすすめイヤホンを3つご紹介します!

もちろん普段使いでもおすすめです。

POWER BEATS PRO

POWER BEATS PROはデザイン、機能性、音全てにおいてバランスがいい製品です。

POWER BEATS PROのスペック
  • 最長9時間の再生が可能(充電ケースを使用した場合は24時間以上)
  • 調整可能でぴったりフィットするイヤーフックにより、軽量で優れた安定性と付け心地を実現
  • タフなワークアウトにも対応できる耐汗/防沫仕様(IPX4)
  • 左右どちらのイヤーバッドでもボリュームとトラックを自在にコントロール可能。音声機能、自動再生/一時停止機能も搭載
  • ダイナミックな音域とノイズアイソレーションにより、バランスの取れたパワフルなサウンドが実現
  • Apple H1 ヘッドフォンチップ搭載。Class 1 Bluetooth テクノロジーに対応、通信範囲が広く音が途切れる心配もありません。
  • 5分の充電で最長1時間半の再生が可能なFast Fuel機能を搭載

このイヤーフック、筋トレで外れることはまずありません。

ケースを開けて耳につけるだけで自動でペアリングされ、左右どちらのボタンを押しても再生、一時停止、音量、トラックを自由自在にできる点がとても便利です。

Beatsはiphoneと相性が良く、ペアリングがものすごく簡単で音が途切れるようなこともありません。

プイマ
プイマ

充電もすごく持ちます。通勤と筋トレに使っても充電するのは週に一回くらい...

遮音性についてはあまりありませんが、ジム中は色々周りにも気を配らないといけないため私はあまり気にしていません。

外れにくさ、デザインと利便性を取るならこのPOWER BEATS PROがおすすめです。

JBL×UR スポーツワイヤレス フラッシュイヤホン

JBL×UR スポーツワイヤレス フラッシュイヤホンは、もはや筋トレのためだけに作られたイヤホンです。

JBL×URイヤホンのスペック
  • 運動中の大量の汗にも心配のない防汗仕様(防水機能IPX7対応)
  • トレーニング時の会話に便利なトークスルー機能を搭載
  • 周囲の音を聞きやすくするアンビエントアウェア機能
  • 耳から抜け落ちにくく、長時間使えるイヤチップを採用
  • 最大約25時間のワイヤレス再生を実現(一回充電で5時間使えて、専用ケースで充電することで20時間(=5時間×4回)使用できます)

トークスルー機能とは、左側のイヤーピースにあって、クリックすると自動的に音量を下げて装着したまま周りと会話ができる機能です。

音もBOSEに負けず劣らず

プイマ
プイマ

音は好みによりますが、私は一番JBLの音が好きで自宅のスピーカーもJBLで揃えています。

アンダーアーマーが大好きでウェアと揃えたい方、雨の中ランニングしたりする方にはおすすめの製品になります。

Bose SoundSport Free wireless headphones

Bose SoundSport Free wireless headphonesも筋トレなどの激しいエクササイズでの使用を想定して作られています。

Bose SoundSportのスペック
  • 安定したBluetooth接続
  • StayHear+ Sportチップは軽量で外れにくいデザイン。長時間の使用でも快適にフィット。
  • 音量に合わせて最適化するイコライザーとデジタル信号処理により、どんな音量でもクリアでバランスのとれたサウンド
  • 防滴仕様(IPX4)
  • Bose Connectアプリで紛失した場所を特定、Bluetooth接続、更新プログラムの管理が可能。
  • 1回の充電で最大5時間の連続再生。マグネット付きのケースに収納することで2回分の充電が可能。さらに約10時間再生。
  • 音声ガイド付きでBluetoothのペアリングも簡単。
  • デュアルマイク搭載

音を一番大事にしたいのであればこのBose SoundSport Free wireless headphonesが一番おすすめです。

専用のスマホアプリでイコライザーなどを調整できるため自分の好みに合わせた音を楽しめます。

私は普段使いでも使用していますが、このStayHear+ Sportチップというイヤーパッドがとても良くフィットしストレス無くずっとつけていられます

また、満員電車でもBluetoothが全く途切れず安定しており、ペアリングがとても簡単という点も素晴らしいです。

ヘッドホンは筋トレには不向きか

ヘッドホンは筋トレには不向きか

結論から申し上げますとヘッドホンも筋トレに使用して良いと思います。

しかしヘッドホンにはイヤホンに比べメリットとデメリットがあるので自分に当てはめて考え、また製品を選ぶ際に気をつけましょう。

ヘッドホンのメリット
  • 耳の中に異物感がない
  • 音の広がりがあり、遮音性が高い
  • デザインがカッコイイ...
ヘッドホンのデメリット
  • 耳を覆うため蒸れる
  • 髪の毛が潰れる、髪型が崩れる
  • 重い
  • かさばって持ち運びが大変

このようにヘッドホンには魅力もある一方で一部デメリットもございます。

筋トレ時には特に「蒸れる」と「重い」「かさばる」がネックなのではないでしょうか。

筋トレ時に使用するおすすめヘッドホン

ヘッドホンについて、様々なデメリットをご紹介しましたが、今回おすすめする製品は上記のデメリットのほとんどをカバーできている製品となります。

JBL×UA SPORT WIRELESS TRAIN Bluetoothヘッドホン IPX4防水

こちらもJBL×UR スポーツワイヤレス フラッシュイヤホン同様に筋トレのためだけに作られた商品です。

JBL×UAヘッドホンのスペック
  • トレーニング時の会話に便利なトークスルー機能を搭載
  • 取り外し可能ウォッシャブルイヤーパッド
  • 1ボタンリモコン付ケーブル付属で有線使用も可能
  • 運動中の大量の汗にも安心な防汗仕様(防水機能IPX4対応)
  • 連続約16時間のワイヤレス再生を実現
  • 折りたたみできるコンパクトデザイン
  • 重量:240 g

イヤーパッドも洗えるし、防汗機能、ワイヤレス16時間再生..

プイマ
プイマ

トレーニーなら一度はムキムキの外国人がヘッドホンしながら巨大なダンベルを振り回しているのに憧れますよね。。

筋トレのヘッドホン選びはJBL×UA SPORT WIRELESS TRAIN Bluetoothヘッドホン一択ではないでしょうか。

筋トレ時に使用するイヤホンとヘッドホンまとめ

筋トレ時に使用するイヤホンとヘッドホンまとめ

いかがでしたでしょうか。以下おさらいです。

本記事のおさらい
  • イヤホンを選ぶ上でのポイントは、ワイヤレスで、外れにくく、防滴機能があるものの3つ
  • ヘッドホンのデメリット(蒸れる、重い、かさばる)をクリアしたものを選ぶべき

本記事でご紹介した製品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA