性格と目的に合わせてトレーニングジムを選ぼう!おすすめチェックポイント7つ

ジムの画像
https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/02/IMG_6585.jpeg
迷える子羊くん
  • ジムに入会したいが何を基準に選べば良いの?
  • 前ジムに通っていたけどすぐ行かなくなってしまった..次こそは続けたい!

ジムに入会したけど、忙しかったり、何回かサボってしまいそのまま月額だけ払っているという方結構多いのではないでしょうか。

私も今まで4つのジムに入りましたが筋トレが長続きせずに辞めてしまった経験があります。

3つ目のジムである程度続けられたのですが、今度は置いてあるマシンのMAX重量では物足りなくなりました。

もっと筋トレに打ち込めるジムを選ぶために、十数種類のジムについてビジター利用や無料体験を行って、ついに今通っているジムに決めることができました。

もう4年ほど同じジムで週4〜6筋トレを続けられています。

今のジムを見つけるまで意識したポイントは「自分はジムで何をしたいのか」「自分の性格上、何が充実していたら続けられるか」イメージして、「この条件は外せられないな」など自分の優先順位を決めてジムを選ぶことです。

例えば私の場合は...
  • 目的:ガチムチのハードゴリラになる為
  • 性格:面倒くさがり屋さんで、忘れん坊
  • 条件:マシンやフリーウェイトが充実していてトレーナーもいい身体をしている、自宅から近くて、ロッカー完備、水素水飲み放題、タオルレンタル可のジム!!
https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/01/puimasan_egao_fix.jpg
プイマ

本記事では、ジムにはそれぞれ特徴があって、どのジムに入会すれば分からないという方の為に、ご自身が運動を続けられるジム選びの際のチェックポイントをご紹介いたします!

本記事のゴール

ジム選びを失敗しないために留意すべきポイントと自分の目的や性格にあったジム選びについて学ぶことができる

本記事の留意点

チェックポイントは網羅性を担保する為多く記載してありますが、前述の通りご自身のジム入会の目的と性格に合わせて参考にしていただければ幸いです!!

ジム選びのポイント①:設備

ジムに入るのが目的ではなく、ジムで運動を続けることが目的であるはずですので、ジムの設備が一番大事です。それぞれの項目について見ていきましょう。

トレーニングマシン

初心者の方にとってどのマシンが良いのか見極めることは難しいと思いますが、

以下のポイントは最低チェックしてください。

  • 鍛える部位ごとにそれぞれマシンが4台以上あるか
  • カーディオマシンは何台あるか。ホワイトボード等で時間を予約するシステムなどあるか
  • 清潔かどうか

筋トレをあまりやってこなかったり、初めて行う方にはまずマシンを使うことがおすすめです。

マシンは動きの軌道が決まっており、使い方さえマスターすれば正しいフォームで行えやすいからです。

しかしそもそもマシンが少ないと順番が来るまで待たなくてはいけません。

各部位4台以上あればどれか1つくらいは使えると思います。

フリーウェイト

筋トレを始めて間もない方はここは自分には関係ないところだなと思っているかもしれません。

ただしフリーウェイトのトレーニングは遅かれ早かれ必ず行います。

以下のポイントをチェックして下さい

  • バーベル、スクワットラックやスミスマシン、ベンチ台の数がどれだけあるか
  • ダンベルは何キロまであるか
  • 混雑していないか、ホワイトボードに時間を予約するシステムなど書いてあるか
  • 清潔か否か

私はジム選びの一つの目安としてダンベルは何キロまであるかに着目しています。一般的なマシンジムだと20kg〜30kgほどではないでしょうか。

ダンベルが30kgを超えてきたら充分筋トレには、適しているジムといえます。

何故ならその重さを扱える会員がいるというのと、それを補助できるトレーナーがいると言えるからです。

ジム選びのポイント②:お風呂やサウナ、リラクゼーション施設

ジムはトレーニング出来る場所だけではなく、最近では女性の為のエステや、リラクゼーションできる施設が併設しているジムもあります。

私が通っているジムはサウナ付きの大浴場があるのでたまにトレーニングしないときでもジムにサウナ入りにいきます。

日焼けマシーンが格安で使えるジムもありますしチェックしてみてはどうでしょうか。

ジム選びのポイント③:場所

ジムの場所というのもジム選びにおいてとても重要です。

やはり遠いと行くのが億劫になったり、様々な理由をつけて行くのを止めてしまいます。

自宅から近いか、学校や職場から近い方が良いか次の時間帯も含めて、続きやすい方を選びましょう。

新しい習慣を作るときは優しい場所と優しい時間で行うことが成功の秘訣です。

ジム選びのポイント④:営業時間と混む時間帯

ライフスタイルに合わせて平日or休日や朝昼夜深夜において、どの時間帯が自分にとってジム通いを習慣化出来るか考えましょう。

ジムが混んでいたらやりたいトレーニングができない恐れもあるのでトレーナーに質問したり、

可能であれば通おうとしている時間帯に見学や体験に行ってみることをおすすめします。

ジム選びのポイント⑤:オプション

ジムでの運動をサポートする為、ジムには様々なオプションなどが設定されています。ご自身の性格上、「何があれば運動を続けられるか」を考えてみましょう。

ロッカー

筋トレには意外にも荷物が必要です。

シューズやベルト等のトレーニングギア、浴場があれば、シャンプーやボディーソープなど…

毎回持って行ったり、職場から直ジムするなら荷物が多くて大変です。

水素水飲み放題

水素水自体の効果は少し怪しいですが一ヶ月1,000円で水素水飲み放題のジムが増えています。

トレーニングをするようになると運動中にBCAAなどのアミノ酸や運動後にはプロテインを飲むようになりますが、

毎回家から水を持ってきたりスーパーやコンビニで買うのも面倒な方にはおすすめです。

タオルのレンタル

レンタル出来ない限り家から毎回持ってこなくてはいけません。トレーニング中の汗を拭くタオルとシャワー後に身体を拭くタオルが必要です。

私は最低でも週4はジムに行くのでレンタルが無いと洗濯が間に合わない...

ジム選びのポイント⑥:インストラクターやスタッフの対応

スタッフやインストラクターが笑顔で元気だと気持ち良いですよね。

挨拶や気配りができているかというのもきになるポイントになると思います。

私はインストラクターの腕は太いかを基準にしています。

腕が太いトレーナーは必ずきちんとトレーニングを行っていて、様々な知識を持っているはずだからです。

またベンチプレスなどのフリーウェイトをする際、しっかり補助も行ってくれるのでしっかり重量を追い求めることができます!

ジム選びのポイント⑦:スタジオプログラム

ヨガやボクササイズ、エアロビクスやダンスなどスタジオプログラムが充実したジムも増えています。基本的に無料で参加出来ますし、毎回出ていると友達もできるので興味があるプログラムがないかチェックしてみてはいかがでしょう。

仲間が出来たらジムで会えるのが楽しみで習慣化出来るきっかけにもなりますし、新しい出会いもあるかも!

ジム選びまとめ

いかがでしたでしょうか。

人によって大事にしたいポイントは違うため、体験や見学は必ず行って、その際上記のチェックポイントを確認してみましょう。

またジムは入会キャンペーンを定期的に行なっています。

ダイエットをしよう!身体を鍛えよう!と皆んなが思うタイミング(新年、新学期、夏前等)やニューオープン、リニューアルオープンの際に行っていることが多いです。

入会金がゼロだったり何ヶ月か月額料金が無料だったり。

注意としては、割引を受ける条件として最低在籍期間などある場合もあるので規約をきちんと確認すること。

オプションが無料でつく場合、必要ないと感じるのであればオプション解約をいつまでにする必要があるか事前に確認しておくことをおすすめします。

あと今まで特にジムで運動する習慣がない人が値段だけで24hのジムに入会するのは危険だと思います。

24hジムは既に習慣化出来ている人にとっては素晴らしい場所ではありますが、

「いつでも空いてるから明日行こう」と先延ばしてしまったり、1人孤独にトレーニングするので続かないなど初心者にとってはハードルが高いと感じています。

https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/01/puimasan_egao_fix.jpg
プイマ

皆さんのジム選びに少しでも役に立ててもらえれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA