疲れやすいと感じる方にはコエンザイムQ10がオススメ!摂取方法とおすすめサプリをご紹介!

疲れやすい方にはコエンザイムQ10
https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/02/IMG_6585.jpeg
迷える子羊くん
  • コエンザイムQ10の過剰摂取は問題ない?
  • コエンザイムQ10の効果や摂取方法は?
  • おすすめのコエンザイムQ10を教えて!

コエンザイムQ10はお年寄りの方に人気のあるサプリメントとして有名ですが、

実はトレーニーにもとっても嬉しい効果があるコエンザイムQ10。

私もコエンザイムQ10を摂取してから疲れが取れるといった体感があります。

ただしその具体的な効果の理由や、組み合わせるべきサプリメント、サプリを選ぶ上で必要な観点などはあまり知られておりません。

https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/01/puimasan_fix.jpg
プイマ

本記事では、コエンザイムQ10の効果や摂取方法とおすすめサプリについてご紹介していきます!

本記事のゴール
  • コエンザイムQ10とは何か、どのような効果が期待できるのか理解できる
  • コエンザイムQ10と適切な摂取方法と組み合わせるべきサプリについて知ることができる
  • コエンザイムQ10サプリを選ぶ上で重要なたった1つのことについて知り、適切な購買意思決定を可能とする

コエンザイムQ10とは

ユビキノン(略号:UQ)とは、ミトコンドリア内膜や原核生物細胞膜に存在する電子伝達体の1つであり、電子伝達系において呼吸鎖複合体IIIIの電子の仲介を果たしている。ベンゾキノン(単にキノンでも良い)の誘導体であり、比較的長いイソプレン側鎖を持つので、その疎水性がゆえに膜中に保持されることとなる。酸化還元電位 (Eo') は+0.10V。ウシ心筋ミトコンドリア電子伝達系の構成成分として1957年に発見された[1]

広義には電子伝達体としての意味合いを持つが、狭義には酸化型のユビキノンのことをさす。還元型のユビキノンはユビキノールと呼称していることが多い。別名、補酵素QコエンザイムQ10(キューテン)、CoQ10ユビデカレノンなど。かつてビタミンQと呼ばれたこともあるが、動物体内で合成することができるためビタミンではない。

ここではユビキノンとありますが、コエンザイムQ10=ユビキノンと考えていただいて大丈夫です。

コエンザイムQ10を1日の必要量である100mg摂取しようとするとイワシ20匹を食べなければいけません。

サプリメントで効率良く摂取しましょう!

コエンザイムQ10の摂取をオススメしたい人

コエンザイムQ10の摂取をオススメしたい方は①40代以降の方、②減量中の方、③疲れを感じている方です!

理由は下記の通り。

  • 体内にあるコエンザイムQ10は20代をピークに減少するため
  • ミトコンドリアのエネルギー生成を活性化させるため、脂肪酸の燃焼効果と、エネルギー切れを防止するため
https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/01/puimasan_naki_fix.jpg
プイマ

体内のコエンザイムQ10含量は20代がピークですが,40代からガクッと減少して行くんです。。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10の主な効果は以下2つです。

コエンザイムQ10の効果
  • ミトコンドリアの活性化
  • 活性酸素の除去

ミトコンドリアの活性化

細胞内のミトコンドリアで糖や脂肪酸を分解しエネルギー源であるATPを生成する補酵素の1つとして不可欠な役割を果たします。 

ミトコンドリアとはエネルギー生成の焼却炉の役割を担っています。また、血液中の遊離脂肪酸をミトコンドリアに運ぶL-カルニチンと、同じくミトコンドリアのエネルギー生成を活性化するα-リポ酸ととても相性が良いです。

L-カルニチンとα-リポ酸の解説とおすすめサプリについては以下の記事をご覧ください!

おすすめL-カルニチンL-カルニチンで体脂肪を燃やそう!摂取方法とおすすめカルニチンをご紹介 α-リポ酸 おすすめアンチエイジングとダイエットにはα-リポ酸 おすすめサプリ3選をご紹介

活性酸素除去

細胞内や血液中で還元型CoQ10として活性酸素を除去し、強い抗酸化作用を発揮すると言われています。

これらからコエンザイムQ10を摂取すると疲れにくいといった体感を得られるのです。

コエンザイムQ10の摂取方法

一日100-300mg摂取しましょう。

コエンザイムQ10は油に溶けやすい物質なので、油を含む食後に摂取するのがおすすめです。空腹時では十分に吸収されず効果が半減してしまいます。

サプリメント自体に油が入っていることもありますが、できればフィッシュオイルなどのOMEGA−3やココナッツオイルなどのMCTオイルと一緒に摂取することをおすすめします。

おすすめのMCTオイルは以下で紹介しています!

おすすめ MCTオイル糖質制限で失敗した人に試して欲しい!MCTオイルの効果的な摂取方法とおすすめ商品をご紹介!

コエンザイムQ10おすすめ

コエンザイムQ10には酸化型と還元型があり、体内では大部分が還元型として存在しています。酸化型から還元型に変換する能力も加齢や病気等で低下するため、サプリメントとして摂取するのであれば還元型コエンザイムQ10を摂取しましょう!

本記事ではオススメの還元型コエンザイムQ10をご紹介していきます!

Doctor's Best, 高吸収CoQ10

iHerbではコエンザイムQ10の中で1位を度々記録しているDoctor's BestのコエンザイムQ10。ビタミンやハーブ、アミノ酸の吸収と生体利用効率を高めるバイオペリンブラックペッパーエキスが配合されている点が他のコエンザイムQ10に無い特徴です。

内容量がそれぞれ異なります

California Gold Nutrition, CoQ10

California Gold NutritionのコエンザイムQ10は第三者機関による監査済みGMP登録(認証)施設で製造されているため、品質の担保がされております。

コスパも良く、大豆が含まれていない点ではDoctor's Best高吸収CoQ10より優れています。

内容量を選んでください

コエンザイムQ10まとめ

いかがでしたでしょうか。以下大事なポイントについておさらいしましょう!

本記事のおさらい
  • コエンザイムQ10の効果はエネルギー生産UPと活性酸素除去
  • L-カルニチンとα-リポ酸、OMEGA-3やMCTオイルとの相性がいい
  • 摂取量/1日は100-300mgで、油分に溶けやすいため食後に摂取
  • サプリで摂取するなら絶対に"還元型"コエンザイムQ10を選ぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA