令和版「ビリーズブートキャンプ」を無料体験

【STAUB】(ストウブ)を使った無水肉じゃが

肉じゃがは和食の基本です。

STAUBで作ると野菜と肉の旨味が溢れ出してしかも超簡単

https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/01/puimasan_egao_fix.jpg
プイマ

この記事を読み終わる頃にはあなたはお嫁に行けます。

【STAUB】無水肉じゃがの材料と用意するもの

このレシピはどんぶり4杯分で、所要時間は1時間です!

材料

  • じゃがいも中くらいの3個
  • 人参1本
  • 牛肉200g(豚はあかん)
  • 玉ねぎ大2個
  • 白滝か系こんにゃく1/2パック

調味料

  • 醤油
  • サラダ油
  • 砂糖(結婚する相手が甘いのお好きなら)

【STAUB】無水肉じゃがの作り方

人参じゃがいもを食べやすい大きさに切り、玉ねぎはくし切りにする

もしじゃがいもの煮崩れが気になる方は、切ったじゃがいもを熱湯に20分ほど入れましょう(いわゆる下茹で)。それも面倒臭いという方は煮崩れしにくいと言われている「メークイン」を選びましょう。

STAUBにサラダ油を引きSTEP.1の材料を入れて塩を少々。蓋をして中火。蓋と鍋の隙間から湯気が少し出たら弱火で20分放置

ここで入れる塩は下味をつける目的の他に、野菜の浸透圧を高め水分を出すために行なっています。

酒と醤油を入れ、かき混ぜたあと、白滝(又はこんにゃく)と15秒湯煎した牛肉を入れ、再度蓋をして20分放置

牛肉を15秒湯煎することで余分なアクと油を覗くことが出来ます。面倒ですが牛肉がとても美味しくなる大事な行程なので必ず行いましょう。

味見をして、甘さが足りなければ砂糖を追加する

基本的に玉ねぎから甘みがたっぷり出ているので砂糖やみりんはあまり入れなくても大丈夫です。甘いのが好きな方はSTEP.3の酒をみりんに変えるか、ここで砂糖を投入してください。

火を止め30分ほど放置。

もし時間があるのであれば一旦冷ましましょう。肉じゃがを含む煮物料理は冷める時に食材に味がギュン!と染み込みます。お好みで緑の枝豆みたいなやつで飾り付けするのも可愛いです。

完成!!!!

【STAUB】無水肉じゃがのまとめ

このレシピのポイントは以下の3つです

本記事のポイント
  • 玉ねぎの甘さがあるのでみりんと砂糖は極力使わない
  • 牛肉を15秒湯煎する
  • 最後の30分余熱調理をすることで旨味が食材に染み渡る

【アレンジ】STAUB無水塩肉じゃが

寒い日には食べたくなる肉じゃがですが、夏はさっぱりと召し上がりたい!

または醤油で煮込む料理があまり好きじゃない(友人で何人かいたんですよね。。)

そんな方におすすめの無水塩肉じゃがをご紹介!

作り方はSTEP.3で醤油を入れる代わりに塩とレモングラスやタイムなどのハーブを入れ、盛り付けの時にレモンを絞るだけです!

【STAUB】無水肉じゃがまとめ

STAUB無水調理の鉄板である無水肉じゃが。塩肉じゃがも非常におすすめです!

是非お試しあれ。

https://www.puimablog.com/wp-content/uploads/2020/01/puimasan_egao_fix.jpg
プイマ

そのほかのSTABレシピはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA